アロワナの餌をカーニバルからチャーミーアロワナに変更

アジアアロワナ飼育記録のブログをご覧くださいましてありがとうございます。

餌を変えてみました。

人工飼料に慣らすことが大変だったのですが、ついにカーニバルに餌付けをしたのが一昨年の話だったと思います。

水質が良いときはカーニバルをバクバク食べてくれるので非常にありがたかったのですが、今回はカーニバルからチャーミーアロワナに変更するという実験を行ってみました。

チャーミーアロワナ、安いんだもん……。

(※ カーニバル 210g → 1500円 チャーミーアロワナ 220g 560円)

チャーミーアロワナに変更1日目

ちょうどカーニバルがなくなったので、そのタイミングでチャーミーアロワナに変えてみました。

香りがやはりカーニバルとは全然違いますね。

カーニバルのほうがうまそう。

チャーミーアロワナはどちらかというと鯉の餌のような香りがします。

そしてチャーミーアロワナを投下。

投下してみると、やはり腹が減っているのか飛びつきます。

そしてもぐもぐ。

ペッ。

なんと吐き出しました。

もぐもぐ、ペッ。

これの繰り返しです。

やはり味や香りが違うから違和感があるのでしょうか?

吐き出します。

吐き出して様子を見てみる

そのまま餌を食べないと水質が悪くなるので、様子を見て食べ残しを掬って捨てようと思っていたんですが、5分くらい立って水槽を見てみると残餌がない様子。

フィルターが吸ったかなと思いましたが、浮上性の餌なのでそんなに沈まない。

??

食べているのか??

翌日再びチャレンジ

ということで2日目もチャレンジしました。

チャーミーアロワナ投下。

バク。

ペッ。

吐き出します。

しかしながらそのまま様子を見ていました。

……。

何度か食べては吐き出すを繰り返していって、なんと数分後飲み込みました。

そこからはどんどん飲み込んでいきます。

すべてきちんと食べ残しなく食べてくれました。

ふやけないと食べない

カーニバルのときもそうだったのですが、どうもカリッカリの乾燥しているときは食べにくいようで。

カーニバルは水を含みやすいのですぐふやけるのですが、それに比べてチャーミーアロワナは水を含むのが少し遅いみたいです。

なので、十分ふやけると食べてくれる様子です。

いやー、チャーミーアロワナ無駄にするところでした。笑

結論

今後メインの餌はチャーミーアロワナにしていきます。

気分でカーニバルや他のクリルなども与えてみようかと思います。

我が家の魚、刺し身も与えてますし、春になったらいっぱい虫捕まえて与えるのでそんなに栄養は偏ってないかな??

ということでチャーミーアロワナの餌付けが無事に終わったと言う報告です!

 

チャーミー
¥529 (2021/02/14 09:48時点 | Amazon調べ)